ギックリ腰とは?

椎間板ヘルニアにならないためには何に気をつけたら良い?

椎間板ヘルニアにならないためには、日々の生活で気をつけるべきことがいくつかあります。椎間板ヘルニアについてご説明しますので、どうぞご覧ください。

椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアとは?

椎間板とは、背骨の一つひとつの骨(椎骨)同士の間で、クッションの役割をしている部分です。ところが何らかの理由で、椎間板内部にある髄核というゲル状の組織が、内部から飛び出してしまうということが発生します。

これを椎間板ヘルニアと呼びます。飛び出した髄核が神経に接触する結果、腰や脚に痛みやしびれが発生する症状が見られるようになります。

椎間板ヘルニアのなる原因とは

椎間板ヘルニアのなる原因とは

椎間板ヘルニアになる主な原因は、椎間板へ強い圧力が加わることです。椎間板は、先ほどご説明した軟らかい髄核と、それを覆う比較的硬い線維輪という組織からなっています。椎間板に無理な負荷がかかると、この繊維輪に亀裂が入り、髄核が飛び出てしまうわけです。また、喫煙や遺伝なども関係していると見られています。

椎間板ヘルニアにならないためには

腰に負担となる生活を送らないことが大切です。太りすぎると体重そのものが負担になりますが、お腹が出てくるとバランスをとるためにそり気味の姿勢になるので腰への負担が増えます。適正体重の維持が求められます。

また、椎間板は、10代後半頃からすでに老化が進行するといわれています。物を持ち上げる動作は非常にリスクが高いので、腰に強い負担にならないように工夫が必要です。一度しゃがみこむように腰を落としてからゆっくりと持ち上げることを意識しましょう。

椎間板ヘルニアについてご説明しました。椎間板ヘルニアにならないための工夫をするとともに、腰痛が気になる場合は、早めにケアすることが大切です。吹田市で腰痛にお悩みの方は、日本セラピーへご相談ください。日本セラピーが運営する鍼灸接骨院では、急性のギックリ腰や慢性の腰痛のご相談をお聞きしています。

豊中市や大阪市内の店舗は、吹田市からも通いやすい場所にあります。営業時間は各店舗によって多少異なりますので、吹田市にお住いで、鍼灸接骨院をご利用の際は、お気軽にお問い合わせください。

吹田市で腰痛にお悩みの方はご相談を

会社名 日本セラピー株式会社
代表者 金本博明(かねもと ひろあき)
住所 〒558-0013 大阪府大阪市住吉区我孫子東3丁目1−23
TEL 06-6629-8208
FAX 06-6629-8807
事業内容 接骨院・整骨院・鍼灸院・マッサージ院・訪問治療(個人・法人)・デイサービス
URL https://nihon-therapy.co.jp/