東洋医学の「気」「血」「水」とは?

気の状態をチェック!「気」「血」「水」について

東洋医学では、「気」「血」「水」のめぐりを重視しています。東洋医学や気・血・水についてご説明するとともに、気の状態をチェックする方法をご紹介しますので、どうぞお役立てください。

東洋医学とは?

東洋医学とは?

東洋医学は、中国で数千年以上前から用いられてきた伝統医学で、不調を体全体の物としてとらえることが特徴です。西洋医学では、目が痛いときには目を検査し、目の部分の治療を行いますが、東洋医学においては目だけではなく、その人の体全体をとらえていきます。体全体のバランスを整えることで、自然治癒力を高めることを重視しているのです。

また、東洋医学では、不調が起こるのは、体のバランスが崩れているためだと考えられています。体のバランスを保っている要素は「気」「血」「水」の3つで、3つの要素が正常に体内をめぐることが、健康を保つために必要だとされています。

「気」「血」「水」について

「気」「血」「水」について

「気」は体と精神の活動に必要なエネルギーで、目には見えませんが生命活動の源とされています。「血」は血液のことを指し、体をめぐることで、栄養や老廃物を運びます。「水」は、血液以外の体に必要な水分のことで、体を潤したり、体温を調整したりする要素と考えられています。

「気」「血」「水」の状態をチェックするポイント

東洋医学では、以下のように考えられていますので、チェックしてみてください。

顔色が悪く血の気がない、疲れやすくだるさがとれない、少食でトイレの回数が多いなどのチェックポイントに当てはまる人は、「気」が足りないタイプです。「気」が停滞しているタイプの人は、怒りっぽく落ち込みやすい、おなかがはっている、げっぷ・おならが多いなどのチェックポイントに当てはまります。

また、立ちくらみをしやすい人、目が乾きやすい人、皮膚が乾燥しやすい人は、血の質や量が不十分なタイプといえます。顔や手足がむくみやすい人や太り気味の人は、水の停滞しているタイプです。

東洋医学や気・血・水についてご説明しました。豊中市にお住まいで、鍼灸にご興味のある方は、日本セラピーへお越しください。東洋医学の考えに基づいて行う鍼灸は、体に刺激を与えることで、人に本来備わっている自然治癒力を引き出すサポートをします。

日本セラピーでは、体に対する鍼灸だけではなく、顔に鍼を刺す美容鍼にも対応可能です。豊中市にある「緑地公園鍼灸整骨院」の他、大阪市・松原市・泉大津市などにも店舗があります。豊中市以外にお住いの方も、お近くの店舗をどうぞご利用ください。

豊中市にお住まいで鍼灸をご希望の方

会社名 日本セラピー株式会社
代表者 金本博明(かねもと ひろあき)
住所 〒558-0013 大阪府大阪市住吉区我孫子東3丁目1−23
TEL 06-6629-8208
FAX 06-6629-8807
事業内容 接骨院・整骨院・鍼灸院・マッサージ院・訪問治療(個人・法人)・デイサービス
URL https://nihon-therapy.co.jp/