スポーツ障害

スポーツ障害の原因

スポーツ障害の原因については、運動によって特定の部位に大きな負担が繰り返しかかることでダメージが蓄積し、徐々に損傷していくことが挙げられます。障害を起こしやすい部位はスポーツによって異なりますが、基本的にはそのスポーツでよく使用される体の部位に症状が生じやすくなります。

例えば、サッカーであれば股関節でテニスであれば体幹、バスケットボールであれば膝関節といった具合です。ただ、どの部位であっても、過度の負担がかかり続けることは適切な指導によって避けられます。

スポーツ障害の症状

スポーツ障害の症状についてですが、軽度の場合は運動時に障害を起こしかけている部位が痛む程度です。日常生活にまで支障をきたすようなことはあまりありません。

しかし、症状が慢性化して重傷になると、日常生活にも支障をきたすようになります。痛みを伴うことから特定の部位を動かしにくくなったり、それによって日々の生活がスムーズに行えなくなったりすることがあります。

初期であれば一時的にスポーツを休止することで回復が見られますが、慢性化や重傷化してしまった場合は、長期間のスポーツ休止のみならず、以前と同様のパフォーマンスが二度と発揮できなくなることもあります。

当院へお任せください

当院では手技・矯正・鍼灸・整骨・電気などの幅広い治療メニューをもとに、患者さま一人一人に最適な治療を計画します。スポーツ障害でお困りの方はぜひ当院へお任せください!

CONTACT

はぴねす鍼灸整骨院 高槻院への
ご予約・お問い合わせ

つらい身体の痛みや不調でお悩みなら
こちらからご連絡ください。

はぴねす鍼灸整骨院 高槻院

へのご予約・お問い合わせ