症状別治療

不眠症

不眠症の原因は?

・身体の不調
・環境変化
・精神的ストレス
・心の病気
・薬やアルコール
これらの原因でも多いのが、精神的ストレスで起きる不眠です。

症状から発症までの流れ

ストレスになる原因(精神的,過労など)
  ↓
ストレス
  ↓
心の緊張
  ↓
体の緊張
  ↓
背中を丸める姿勢や 肩を上げる姿勢をして悩む(考える)
  ↓
首・肩の緊張(コリ)
  ↓
交感神経の緊張状態・脳への血行不良
  ↓
発症(不眠症状)

不眠症のタイプ

1. 入眠障害タイプ

寝つきが悪くなかなか眠れないタイプです。
一旦眠ってしまうと朝まで眠れるタイプで
不眠症では一番多いタイプと言えます。

2. 熟眠障害タイプ

眠りが浅く、直ぐに目が
覚めてしまうタイプです。
老人の不眠や神経質な人に
多いタイプになります。

3. 早朝覚醒タイプ

朝早く目が覚めてしまって
そのまま眠れなくなってしまうタイプです。
うつ病や高齢者に多く
見られるタイプです。

4. 中途覚醒タイプ

寝ている時に何度も目が覚め
眠れなくなってしまうタイプです。
何度も目が覚めてしまうので充分に
寝た気がしないというタイプです。

治療として、心と体の緊張やコリを改善する事が大事

睡眠の悩み度チェック

pagetop