症状別治療

腱鞘炎

腱鞘炎とは

指の付け根や手首に痛みを感じた場合は、腱鞘炎の可能性があるため注意しましょう。

症状と原因

腱鞘炎は患部の酷使により起こります。ですので、痛めた患部の療養が何よりの治療法になりますから、痛みが引くまでは安静にすることが必要です。
腱鞘炎の症状については軽い物ですと患部の動きに合わせて痛みが走るものから、指や手首を曲げることが出来なくなるほどの腫れを伴う重いものまで様々です。重い症状は生活に支障をきたすこともありますから、病院にいくことをお勧めします。

腱鞘炎の原因については、手首や指を酷使する仕事に就いていることが主になります。仕事上腱鞘炎になってしまうのがしょうがないという環境の人でも、出来るだけ工夫して症状が出ないよう気を配るようにしましょう。

また、最近では学生など未成年でも腱鞘炎になる人が増えているようです。この背景にはスマートフォンの普及があるとされ、今後もこの傾向が続くことが危惧されています。場所を取らないスマートフォンはいつどこでもどんな体勢でも利用出来るのが大きなメリットですが、その分長時間、体に負担のかかる姿勢での利用になってしまうことが珍しくありません。指や手首に疲れを感じたら、いったん休憩するなどの対策を施しましょう。

当グループへお任せください

当グループは、患者さまのお悩みの原因のみならず、「重い荷物を持つ機会が多い」「座り仕事で腰への負担が大きい」など、日々の生活やお仕事までしっかり把握したうえで、再び「お悩みが起こらない体作り」をお手伝いいたします。
腱鞘炎でお悩みの方はぜひ日本セラピーグループへご相談ください。

pagetop