症状別治療

ストレートネック

ストレートネックとは

花粉症や自律神経失調症や睡眠障害や片頭痛など、多くの現代人が悩まされる国民病と呼ばれる疾患や現象にはありとあらゆるものがありますが、スマートフォンの普及に伴い増加したのがストレートネックです。

原因と症状

ストレートネックの原因についてですが、スマートフォンを長時間猫背で操作していたり、デスクワークで座りっぱなしでパソコン作業をしていたりすることで頚椎が前方に移動し、本来ゆるい曲線を描いている状態から真っすぐになることで発症します。

症状は、首から肩甲骨にかけて鈍痛が生じたり動作に伴う鋭い痛みを感じたり可動域が制限されて首が回らなくなったりなどがあります。

目線が下になり背中が丸まって猫背になると起こりやすくなりますので、スマートフォンを目線の位置まで上げて操作したり、椅子の高さやパソコンのモニターの角度を調節して猫背にならないように気を付けたりなど、常に姿勢を正しい状態で維持するというのが予防・改善のための対策として有効的です。肩こりや眼精疲労が痛みを助長することもありますので、ストレッチで血行を促進させたり目を休ませたりすることも必要です。

当グループへお任せください

当グループでは問診はもちろん、足の長さや骨盤の位置など複数の検査から患者さまの体の状態を確認し、お悩みの根本的な原因と影響の範囲を徹底して究明します。

たった1回の施術でも、ほとんどの患者さまが身長や姿勢などの見た目にわかる変化、もしくは首の旋回の拡大や前屈域の拡大などの動きでわかる変化を実感されます。

ストレートネックでお悩みの方はぜひ日本セラピーグループへご相談ください。

pagetop